村松藩村松城址の写真へ

堀家

越後村上を無嗣改易、のち名跡取りたて3万石
外様 柳間 城主

堀家の履歴は多少複雑である。

宗家は堀久太郎秀政で、秀政は信長、秀吉に従って立身し、上杉景勝が越後から会津に移された後を受けて、子の秀治は春日山城に配置され、越後一国は、新発田の溝口家などの与力大名を含め、堀ファミリーで固められる。

この村松藩堀家の祖、堀直政は本来、奥田姓で、堀秀政の従兄弟ではあるが、堀家の家老であった奥田直政が堀姓を許されていたものである。

この堀秀治の家老たる堀直政が亡くなると、子の堀直清と堀直寄は、宗家家老の座を巡って激しく争う。結果、堀直寄が勝ち、直大名となって信濃飯山4万石を得る。

この騒動の結果、家老の堀直寄、騒動の張本人は直大名となるのだが、本家の堀秀治の長男堀忠俊は、この家中騒動を責を問われ、45万石を改易されてしまう。
堀秀治の二男の堀親良はのちの飯田藩祖として残るが、加藤、福島両家の取り潰し同様、豊臣大名の排除政策の一環として、騒動を利用された格好である。
材料は何であったにせよ、上杉謙信の根拠地であった越後春日山に、豊臣大名をである堀家を、45万石というような大封で、そのまま残して置くようなことは、徳川政権としては、考えられないことであったろう。

ともあれ、この堀直頼は信濃飯山を振り出しに、大坂の陣などで功あって、越後長岡8万石、越後村上10万石を得るが、堀直寄が亡くなると、子の直次はすでに亡くなっていて、孫の直定が3歳で継ぐ。しかし、この直定も8歳で亡くなってしまうので、当然ながら、無嗣収公ということになる。

しかし、幕府は堀家の絶えるのを惜しみ、直次の弟、直定の叔父である堀直時に村松3万石が与えられた。
これが、村松藩堀家の始まりである。

同じ越後に椎谷藩の堀家があるが、これは堀直政の四男直之から出、1千石の旗本として、幕府の役職を歴任し、その功で、万石に達して大名となったもので、こちらは譜代大名となっている。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀直時(なおとき)

従五位下 丹後守
堀直寄の二男

二代

堀直吉(なおよし)

従五位下 丹波守
堀直時の二男

三代

堀直利(なおとし)

従五位下 丹後守
堀直吉の二男

四代

堀直為(なおゆき)

従五位下 左京亮
堀直利の二男

五代

堀直尭(なおたか)

従五位下 丹波守
堀直為の長男

六代

堀直教(なおのり)

従五位下 左京亮
堀直尭の十男

七代

堀直方(なおやす)

従五位下 左京亮
堀直教の兄堀直泰の長男

八代

堀直庸(なおつね)

従五位下 丹後守
堀直方の二男

九代

堀直央(なおひさ)

従五位下 丹後守
堀直方の三男

十代

堀直休(なおやす)

従五位下 丹後守
堀直央の二男

十一代

堀直賀(なおよし)

従五位下 左京亮
堀直教の長男奥田教明の長男

十二代

堀直弘(なおひろ)

従五位下
堀直央の三男

越後の諸藩に戻る

北陸・甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.